Skip to content

有事に備えるレンタルAED

AEDは急変リスクがあるような状況では、あって困ることは決してないので、何かしらの事故やアクシデントの際は持ってきておくべきアイテムです。AEDが活躍する心室細動は実に様々な要因で発症します。心筋梗塞が有名ですが、脳梗塞や脳出血、大怪我での大量出血や電解質異常、極端な低体温や熱中症でも起こります。少年野球のプロテクターに胸部を保護する物があるように、特定のタイミングで胸部に衝撃を受けても発症してしまうので、実は除細動を必要とする場面は案外身近に存在するのです。

人が多く集まるような場所やイベント会場では、安全配慮義務という義務がオーナーやイベント主に発生します。AEDの未配備はこの安全配慮義務に違反したとみなされる判決が過去にでましたので、今後は余程のことが無い限りはその例に漏れないと予測されます。短期の利用ならばレンタルが一般的ですが、近頃はそこそこ長期でのレンタルも広まってきています。会社によってはパッドなどの消耗品の補充別に、実に細やかなプランニングがされています。

安全配慮義務からAED配備は当然のこととして求められる昨今ですので、複数の会社やプランを見比べて、レンタルにせよリースや購入にせよ、より活用のしやすいやり方で手配をすると良いでしょう。義務付け云々は大切ですがそれよりも、少し備えてさえおけば救えたかもしれない命だったのにと、後悔をしないためにも日頃から準備しておくことをおすすめします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です