Skip to content

5年以下の利用ならレンタルAEDがお得

心室細動と心室頻拍という二種類の病気は、致死的不整脈に分類され、いずれも十分な量の血液を心臓が送り出せなくなっている状況です。血液を全身に送れない心臓は止まっているのと同じとみなされます。この致死的不整脈での死亡は年に3万近くとすら推測されており、病院外での死因の上位を占めています。高齢化も進んだ現代の日本社会では、心室細動の原因となる疾患を抱えた人が多くなりつつあります。

運転免許証取得の時にAEDの講習が組み込まれているように、有事の際にAEDを使って救護活動を行うことは社会の一端を担う身として求められている行動です。いち目撃者としての責務について述べましたが、会社のオーナーやイベント主催者であればAEDの配備も責務の一部です。過去にAEDの配備を怠ったとして有罪判決が出た判例があります。裁判は過去の判例を参考とするので、今後もその流れは変わらないでしょう。

レンタルとリースと購入とが、このアイテムを用意する方法に挙げられます。述べた順、後者になるほどに長期間の利用に適した用意の方法となります。値段だけ見れば、5年以下であればレンタルがお得です。レンタルの場合は数日からの利用も可能なので、数日限定のイベント主が利用するのはこの方法となります。

反対に日割りで考えれば長期間になればなるほどレンタルは割高になる傾向にあります。ですがある程度長期の場合、メンテナンス代金もレンタルの場合には含まれているので、使いたい状況をよく吟味して利用することをおすすめします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です