Skip to content

レンタルするAEDの機種選び

レンタルするAEDの機種選びでは、使いやすさがもっとも重要です。ガイダンス機能はどのような機種にもつけられていますし、基本的な操作方法はどれも同じです。しかし、初めてAEDに触れる人は基本的な手順が分かりませんので、簡単な誘導で操作できることが望ましいですし、最近のレンタルできる機種はシンプルで分かりやすくつくりになっています。ガイダンスは音声とパネルとがあり、両方がついている場合にはどのようなシーンにも対応できるタイプです。

音声はゆっくりと話してくれる方が分かりやすいので、話すスピードにも注意して選びましょう。操作性の次に防塵性や防水性も必ずチェックしたい項目です。屋外等の過酷な環境下に設置されるケースも多いので、丈夫でないといざという時に壊れていて使えないケースが出てしまいます。防塵性や防水性はレンタルAEDでも重視される部分ですので、多くの機種が問題ないように作っていて、1.5m程度の高さからなら落下しても壊れないようになっています。

慌てていると落としてしまうこともあるため、落下時の衝撃で壊れないことはとても大事です。他には未就学児が対象となるケースを想定して、年齢で切り替えが可能な機種を選ぶのがお勧めです。小児と成人とが簡単に切り替えられるようになっており、どちらにも素早く対応できることが望ましいと言えます。遠く離れた場所のAEDの状態をメールで知らせてくれると、管理がしやすくなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です