Skip to content

初めてのレンタルで選びたくなるAEDの種類

初めてのレンタルで選びたくなるAEDの種類には特徴があります。もっとも大きな特徴として、操作がとてもシンプルであることが挙げられます。シンプルで感覚的に操作できれば、講義を受けていない人たちでも簡単に使えます。導入時には講習会を行うレンタル会社が多いのですが、その時に講義を受けた人たちが居合わせるとは限りません。

受けた人がいない状況かでもAEDを作動させなければなりませんので、誰もが扱えるような簡単な機種が望ましいと言えます。シンプルなものはリーゾナブルですし、ボタンも2つだけが押しやすい場所に設置されているため、詳しい動作を知らなくてもガイダンスを聞きながら使うことができ、間違えることもありません。操作性以外では、キャリングケースが持ちやすいことや、救急キットも一つにまとめられているものが人気です。慌てている時に必要なものを選ぶのは大変ですし、取り忘れたものがあるとまた戻らなければなりません。

手間がかかる上にタイムロスにつながるため、簡単に持ち運べるようなケースと一つにまとめられた救急キットが必要です。これらを無償で提供してくれるレンタル会社もあります。AEDの付属品はたくさんあり、一度使ったら再利用できないものもありますので、必要に応じて送ってくれることも選ぶ時の条件に入ります。付属品の中で何が足りないのかもレンタル会社がチェックしてくれると、使うことになった時に足りないものがなくて困ることがありませんので、安心して使い続けられます。

AEDのレンタルのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です