Skip to content

AEDはレンタルもある

AEDは近年目覚ましく大変ポピュラーなものとなってきました。消防庁主催の訓練のみならず野球などスポーツの場面や事故現場、その他様々な救命救急の現場で数多く人々の命を救ってきている実績が積み重なった証とも言えます。レンタルだとコスパよく、その貴重なAEDをそなえておけるとあって最近は好評となりニーズもあるため手掛けるレンタル業者も増えてきているのが現状。レンタル部門を新設する企業も出てきています。

月額で数千円などといった手軽さもあり、ますます普及に拍車がかかっているのが実情です。そもそもAEDとは自動体外式除細動器の略で心室細動に陥り、けいれんした心臓に電気ショックを与えてポンプ機能を失い全身に血を流せなくなった心臓が正常なリズムを取り戻せるようにと開発された医療機器です。コンビニエンスストアや商業施設・駅や学校など今や設置されているのは病院だけではありません。一刻を争うので冷静にAEDを扱い指示に従うことが非常に重要になります。

心肺蘇生法を実行しながら、まず電源を入れ印刷されている絵の通り正しい位置にパットを張り、必要かどうかを判断するAEDの指示を仰ぎます。必要と判断されたならショックボタンを押して電気ショック後は直ちに胸骨圧迫をはじめます。注意点は水にぬれているケースではふきとるようにする、湿布が張られていたらはがす、ペースメーカー埋め込みのケースでは位置をはなす、体毛が濃い場合は可能なら剃るなどです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です