Skip to content

ストレスチェックの効果について

ストレスチェックとは従業員に対して定期的にストレスの状況についての検査を行いその結果を従業員自身に知らせることでメンタルヘルスの向上や職場環境の改善につなげるものです。また平成27年12月からは一つの事業所の従業員が50人以上であった場合ストレスチェックが義務化されることになりました。そのため健康診断のように定期的に実施する必要があります。また事業所内の労働者が50人未満であっても努力義務とされておりできれば定期的に検査を行うほうが望ましいとされています。

検査期間についてはとくに定めはなく1年に1回行えばよいとされています。ストレスチェックを行うことで得られる効果には様々なものがあります。1つは従業員のストレス状況を早期に把握することでがうつ病などの精神疾患にかからないようにする効果があります。これはストレスが原因となり仕事を中断や退職しなければならないケースが非常に増えていることが背景に挙げられます。

事業者側としても定期的に検査を行うことで従業員の心の健康増進を図り、そのことが生産性の向上や利益の追求にもつながってきます。事業者にとってストレスチェックは従業員の現在の心の状態をしることができる役割を担っているのです。ストレスチェックの結果は集団ごとに分析されるため職場環境の改善が進みやすくなりますが、個人情報の取り扱いについてもしっかりと秘密保持の原則が守られることで検査結果が特定されることがないよう十分に配慮する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です