Skip to content

ストレスチェックで従業員のストレス状態を把握

ストレス社会と言われる現代、特に、仕事をする上で感じるストレスによって体調を崩す方が年々増えています。仕事に関するストレスといえば、やはり人間関係のこじれによるストレスがまず挙げられます。仕事では社内の上司、同僚、部下、あるいは、取引先の人など、さまざまな人と接触する機会が多いため、人間関係に悩む人も多いです。それに加え、最近では、全国的な人手不足の影響もあり、一人が処理すべき業務量が増える傾向にあることから、過労によるストレスも増えてきています。

個々の従業員が抱える仕事上のストレスは、本来は上司などが事前に把握し、また、会社はそのストレスを解消するべく努力することが大切なのですが、現実には会社がすべての従業員の状態を把握することは難しいと言わざるを得ません。そこで、会社の代わりに従業員のストレスを把握するために、ストレスチェックという新しい制度が導入されました。このストレスチェックでは、従業員それぞれに対して、ストレス状態をチェックするための質問票が配られます。この質問票にはさまざまな設問が記載されており、個々の従業員は、現在の仕事に関する自分の状況などを思い起こしながら設問に答えていきます。

回答された質問票は、会社ではなく、別の第三者機関により回収され、診断されます。これは、ストレスチェックの回答が会社によってチェックされるのを防ぎ、会社によって回答内容が恣意的に操作されることがないようにするためです。回収された回答に基づき、医療機関等によって個々の従業員のストレス状態が診断されます。診断の結果、かなり強いストレスを受けていると判断された場合には、すぐに医師との面談の機会が設けられ、ストレスを軽減するための方策などが話し合われることになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です