Skip to content

ストレスチェックとはどんなものなのでしょうか

近年、精神障害を原因とする労災認定件数が増加してきています。職場関連の苦悩から自殺する人も増えてきており、年間自殺者の約1割を占めています。最近の社会情勢の変化や労働災害の動向に対して労働者の健康と安全を一層充実させることが急務と考えられ、平成26年に労働安全衛生法の一部改正が行われ、ストレスチェックが導入されています。これは従業員が50人以上の事業所に対してストレスチェックを年1回実施することが義務付けられたもので、厚生労働省から検査の実施・分析をする無料アプリが配信されています。

その方法は57項目の質問に4段階方式で答えるというものです。実施はWebもしくは紙面で実施されます。その実施者は産業医、保健師、精神保健福祉士等特定の有資格者が当たり、集計や個人への報告を行います。結果は各個人に報告され、無断で事業所に報告されることはありません。

その結果、高ストレス者と判断された人は希望すれば産業医等の面接指導を受けることができます。必要となれば職場での配置転換や残業を減らすなど措置を事業者はとらなければなりません。事業者はストレスチェックの結果を労働基準監督署に報告する義務があります。ストレスチェックは、労働者が自分のストレスの状態を早く知り、早めの対応を行うことによってうつ等の予防に役立てようというものです。

メンタルの不調を防ぎより働きやすく、健康的な職場へと改善することを目指しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です