Skip to content

ストレスチェックの適正コストとは

現在では法律によって定められることになったストレスチェックは多くの企業にとって実施しなければならない義務として認識されることになりました。常時50名以上の従業員を雇用する場合に義務となりますので、産業医の設置義務がある事業所であればストレスチェックの実施義務があるということになるのです。この様な仕組みについてまず知っておくべきでしょう。知識として持っているかどうかは正しい選択をするためには重要なポイントです。

その上で実施を検討することになるのですが、スタッフが揃っている一部の大企業を除けば多くの場合において外部委託と言う選択肢を検討数rことになるのが一般的です。中小企業を中心として、この制度に対応するための人材がいなかったり、ノウハウを持っていないというケースがほとんどであり、自前で実施する場合のコストが高くついてしまうためメリットが無いというのが現実なのです。ストレスチェックには現実的な問題としてこのような側面があるのです。そのためストレスチェックを外注することになるケースが多いのですが、そのコストとしては一般的に一人500円から1000円程度が妥当であるとされています。

これ以上のコストを必要とする場合には何かしらの付加価値がある場合が考えられます。もしもそのような付加価値が無いのであれば割高なサービスであると言えるかもしれません。組織の集団分析などが行われるなどの対応があるかどうかにも注意してみておく必要があるでしょう。AEDのレンタルのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です