Skip to content

高ストレスを予防できるストレスチェックとは

ストレスチェックとは、労働安全衛生法の改善に伴い2015年12月1日から従業員50名以上の全事業場に対して厚生労働省が義務づけた制度です。これは近年仕事に対して強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者が5割を超え精神不調を訴える方が増加傾向にあるからです。ストレスチェックとは労働者のストレスを把握し労働者自身のストレスを把握したうえで職場改善につなげ、働きやすい職場づくりを進めることによって労働者のメンタルヘルス不調を防ぐ目的があります。高ストレス者実施者が面接指導受ける必要があると認め、本人からも面接の申し出があった場合事業者は医師との面談を実施しなければなりません。

医師との面談に生じる費用は事業所が負担します。必要があれば、労働時間の短縮や就業場所の変更措置をし事業所は衛生委員会に報告します。そして本人の同意を得て取得したストレスチェックの結果を5年間事業所は保管しなければいけません。ストレスチェックとは労働者の労働者のメンタルヘルス不調の未然防止です。

事業所にとってはコストがかかりますが労働者のストレス状況を減らすことによって、働きやすい職場環境にし社員たちの一人一人作業効率を良くし、生産性を上げるメリットもあります。また事業所はストレスチェックを行っていたとしても、労働基準監督賞に報告を怠ったり、虚偽の報告を行った場合は50万円以下の罰金を支払うことになりますので注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です