Skip to content

ストレスチェックとは

ストレスチェックとは、労働者にストレスについての質問に答えてもらい、それを元に労働者のストレス状態を調べる検査です。質問は選択回答式で、自身の気持ちや労働環境に関してなど、簡単なものばかりになっています。この検査は、労働者が自らのストレス状態を知ることで自分でストレス解消を心がけたり、会社側が職場環境を改善するなどして対処し、メンタルヘルスの悪化(うつ病の発症など)を予防するために行われています。ストレスチェックとは、「労働安全衛生法」の改正により、2015年12月から労働者50人以上の事業所で年1回の実施を義務付けられたものです。

各会社はストレスチェックを実施するにあたり、まずはそれを行う目的を示さなくてはいけません。次に実施方法などを話し合い、社内全体に知らせ、実施体制や役割分担を決めることで、ストレスチェックを実際に行うことができます。なお労働者の回答した質問書は、第三者や人事権を持つ職員が見てはならず、医師などの実施者、乃至はその補助の実施事務従事者が回収しなくてはいけません。結果はグラフや数値として表され、ストレスに関する個々へのアドバイスなども見ることができます。

これらの結果を元に、医師による面談実施や職場の環境改善などの対処をしていきます。最後に、ストレスチェックとは多数の質問によって構成されているものであり、プライバシーの保護には十分な注意が必要です。また、ストレスチェックに関することを理由とした不利益取り扱い(解雇など)をすることも防止する必要があります。AEDのレンタルのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です