Skip to content

ストレスチェックとは健康増進を促進するもの

ストレスチェックとは、現代人であれば誰もが避けることができないものを可視化する制度になります。2015年から正式に行われることになった制度になり、従業員が50人以上いる企業が対象になっていますので、すべての人が向き合うものではありません。この点にこそ、この制度の抜け穴があり、うまく運用されていない実態があります。ストレスを可視化することができることから、ストレスチェックとは健康増進を促進することに期待を持つことができるでしょう。

ストレスはさまざまなアプローチから、体を蝕んでいく実態のない病原体でもあります。ストレスを感じる人、そうではない人がはっきりといますので、可視化できるだけでも大きな意義があるでしょう。その点から見るとストレスチェックとは、すべての日本人が受けるべきテストでもあります。制度化して可視化できるメリットがあり、日本人すべてが対象になっていない点にこそ抜け穴があることになりますが、まだ物足りない点も多いのが特徴です。

たとえ制度化されたとしても本人が面倒だと感じることによって、テストを受けることも拒否することができます。健康診断は法令化されていますので、企業に勤めている人の義務になりますが、ストレスチェックはそうではありません。また企業側に報告がいかないことから、何から対策を始めれば良いのかもわからない点も指摘するべきポイントになるでしょう。少しずつ改善して意義のある制度にする必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です